消費財系戦略立案コンサルティング


 新規ターゲット拡大戦略コンサルティング

《コンビニエンスストア業界の事例》

● 経営課題
  他社との差別化を明確にし、自社の優位性を高め、事業規模を拡大したい。
  そのために、看板商品を現状の2倍売りたい。

● チェックポイント
   1、看板商品の売上を2倍にするポテンシャルはあるか?
   2、看板商品は消費者にどのように捉えられているのか?
   3、自社は消費者にどのようにポジショニングされているか?
     ⇒外部環境分析(受容性分析、ポジショニング分析)
     ⇒消費者調査(受容性分析、ポジショニング分析)
   4、看板商品のポテンシャルがある場合、2倍売るためには
     どのようなコンセプトで、誰を狙えばよいか?
     ⇒消費者調査(ターゲット分析、コンセプト分析)
     ⇒販売実績と気象情報との連動性分析
     ⇒社員の看板商品に対する販売意欲調査
     ⇒店頭(覆面)調査

● 成果
   ポテンシャルが十分に見込めたことを原動力として、
   新しく設定されたコンセプトとターゲット戦略をもとに
   社員一丸となって一気呵成にマーケティング戦略を実行され、
   目標を達成された。