生産財系マーケティング・コンサルティング/海外市場進出コンサルティング


 海外市場開発調査・進出コンサルティング(中国、インド、東南アジア、他)

《工作機械業界の事例》

● 経営課題
   国内市場には限界が生じていた。
   海外市場に進出する第一弾として、中国市場進出の基盤を作る
   必要に迫られていた。

● チェックポイント
   1、自社製品は中国市場においてどこにポジションしているか?
     ⇒ 業界環境(国の政策含む)調査、業界動向調査
     ⇒ 業界主要企業調査、競合企業調査
        概況、企業登録情報、経営者の経歴、財務状況、財務分析、
        主要製品、
        販売実績、仕入先(サプライヤー)、購買プロセス、
        サプライヤー選定基準、
        販売先、販売先業種 など
     ⇒ 自社製品評価と競合比較調査
   2、中国市場へ進出するには、どのポジションで戦うか?
     そのために何をすべきか?
     ⇒ 上記1の調査をもとに戦略を練った。

● 成果
   進出に際する課題、取るべき戦略の骨子が明確になった。
   進出のステップに応じて発生する問題を解決するために、
   段階的に調査を継続し、
   進出基盤が堅調に構築されてきている。