生産財系マーケティング・コンサルティング/海外市場進出コンサルティング


 競合優位戦略コンサルティング

《工作機械業界の事例》

中国市場における競合優位戦略を考える場合、現地企業、海外企業、
日系企業の動向をにらみながら戦略を立案しなければならない。
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」と言われるように、
自社の強み(営業力、人脈、開発力、製品の独自性、サービス力など)は何であるか?
について、まずは社内コンセンサスをとった。
その作業を行う過程で、強みを最大活用しどう戦うかについても自ずとコンセンサス
がとれた。
成長著しい中国はビジネス環境が刻々と変化する。
競合優位の戦略を着実に実行するために、柔軟に活動が行える体制構築の
ご支援を行った。