生産財系マーケティング・コンサルティング/海外市場進出コンサルティング


 プロモーション戦略コンサルティング

《工作機械業界の事例》

● 経営課題
   既存顧客だけでは売上を回復させることが難しく、
   新規顧客開拓を開始して直面した問題は、自社に対する
   「ブランド認知の低さ」で、製品品質を正しく理解していない
   企業がほとんどであった。
   ブランド認知を高め、製品品質の高さを理解させる必要があった。

● チェックポイント
  1、一番伝えたい“ブランド価値”は何か?
    ⇒ 既存顧客に対しては、製品の機能をバランスよく全て伝えればよかった。
      しかし、新規顧客に対しては、インパクトが弱く差別化されない。
      自社の核となる強みを、ユーザー側のニーズキーワードへ変換する
      必要性があった。
  2、どのように伝えればよいか?
    ⇒ 全ての仕掛けにおいて「一貫性を持つ」ことを活動方針とした。
      展示会企画、ショールーム新設、営業用パンフレット制作、
      営業用ポータルサイト構築など、プロモーションと営業が連動する仕掛け
      を整備。

● 成果
   「ブランディングとは」について頭ではわかっているが、具体的に行動できない
   社員が多かったが、「あるべき姿」と道筋を示すことによって、具体的な行動に
   結び付き始めた。
   現在も継続して活動を行い、業績改善が行われている。